RSS

タイ携帯電話最大手AIS、1—3月11%減益

2009年5月16日(土) 23時06分(タイ時間)
【タイ】タイの携帯電話サービス最大手アドバンスド・インフォ・サービス(AIS)は1—3月期の最終利益が前年同期比10・9%減の45・7億バーツだった。景気後退の影響で、通話料などサービス収入が5・5%減の242・7億バーツ、携帯電話端末などの販売収入が31・4%減の20・3億バーツに落ち込んだ。

 1—3月の契約者純増は27・2万件で、昨年1—3月の98・2万件、10—12月の53・6万件を大きく下回った。3月末の契約者総数は2758・2万件。利用者1人当たり平均収入(ARPU)は月241バーツで、昨年1—3月の280バーツから14%低下した。

 AISはタイのタクシン元首相が創業。2006年に親会社のシンがシンガポール政府の投資会社テマセクに売却され、テマセク傘下に入った。
《newsclip》


新着PR情報