RSS

タイ警察、バンコクで偽ブランド時計店摘発

2009年5月17日(日) 14時37分(タイ時間)
【タイ】タイ警察は16日、バンコクのスクムビット通りソイ5の時計店「パリダアリー」を強制捜索し、ロレックスなどの偽ブランド腕時計約2000個、グッチ、ルイヴィトンなどの偽ブランドのカバン、衣類、化粧品など約1000点を押収した。「パリダアリー」は夜間に営業し、ソイ5周辺に多い中東、アフリカからの旅行者に偽ブランド品を販売していたもよう。タイ国営テレビ局チャンネル9が報じた。

 一方、タイ財務省は15日、バンコクのクロントイ港で押収した映画や音楽の海賊版CD、DVD、化粧品、衣料品などの偽ブランド品、密輸されたワインなどを公開した。サムソナイトの偽カバン1000点などが含まれ、損害額は4300万バーツ相当という。

 タイは高級ブランドの偽造品や海賊版ソフトがまん延し、米通商代表部(USTR)により、3年連続して知的財産権の保護が不十分な「優先監視国」に指定されている。今年1月に発足したタイのアピシット政権は「優先監視国」指定の解除を目指して取り締まりに乗り出し、今月6日にはバンコクの繁華街パッポン通りで、偽ブランド品を押収しようとした商務省職員と偽ブランド品の露天商が乱闘になり、十数人が負傷する騒ぎがあった。
《newsclip》


新着PR情報