RSS

新型インフル、マレーシアで2人目の患者

2009年5月17日(日) 21時02分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアで1人目の新型インフルエンザ患者と同じ飛行機に搭乗していた女性(21)が17日、同国で2人目の患者と確認された。2人は13日にニューヨーク発のマレーシア航空91便でクアラルンプール空港に到着した。女性はクアラルンプールからエアアジア5358便に乗り換え、ペナンに向かっており、同便の乗客101人は自宅隔離を義務付けられた。

 一方、ジョホール州の病院で新型インフルエンザの疑いがあるとして隔離されたタイ人1人は検査で陰性と判明したため、退院した。
《newsclip》


新着PR情報