RSS

タイで死亡の独女性、新型インフルは陰性

2009年5月19日(火) 18時15分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省は19日、18日に国内で死亡したドイツ人女性(65)が新型インフルエンザに感染していなかったと発表した。死因は通常のインフルエンザによる肺炎だとしている。

 女性は夫とともに12日にタイに入国し、南部のビーチリゾート、フアヒンに滞在していた。16日に発熱、のどの痛みなどを訴え、地元の病院で治療を受けたが、症状が悪化し、バンコクの病院に搬送される途中に死亡した。タイ国営テレビ局チャンネル9が報じた。
《newsclip》


新着PR情報