RSS

三菱重工、マレーシアの高速道路でETCの実証試験

2009年5月27日(水) 09時30分(タイ時間)
【マレーシア】三菱重工業は27日、三菱商事と協力し、マレーシアの高速道路でノンストップ自動料金収受システム(ETC)の実証試験を開始したと発表した。渋滞問題の解消に向け既設ETCのマルチレーン・フリーフロー方式へのアップグレード化を検討している同国政府の協力を得てスタートしたもので、現在の日本のETC規格に準拠した技術が海外で採用されるのは今回が初めて。実証試験は2009年末までの予定で、三菱重工はこれを足掛かりとして、同国での既設ETC更新工事の受注を目指す。

 実証試験は首都クアラルンプール郊外のダマンサラ・プチョン高速道のペンチャラ料金所で開始した。三菱重工の路側通信機器とETC車載器を使い、ETC技術の信頼性や、すでに流通しているETCカードとの互換性、既設ETCとの混在運用の信頼性を確認する。また、複数車線を減速せずに走行する車両に課金するマルチレーン・フリーフロー方式の導入に際しての三菱重工の技術の優位性をアピールする。

 実証試験を行うETCシステムの特徴は、高い信頼性を誇る日本のETC規格であるアクティブ方式の狭域無線通信(DSRC)を活用していること。また、海外の市場ニーズを踏まえ、ETCカードにはプリペイド方式の非接触ICカードを採用し、電源は電池駆動とした。三菱重工によると、「日本発の世界標準を目指すグローバルETC」で、この技術を採用したマルチレーン・フリーフロー方式が導入された場合、1時間に車両約2000台からの料金収受が可能となり、渋滞の解消に大きく貢献する。
《newsclip》


新着PR情報