RSS

クランタン州スルタン皇太子妃、虐待から自力脱出

2009年6月1日(月) 21時44分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア・クランタン州のスルタン(州統治者)の皇太子である夫(31)から虐待されていると訴えていた元モデルのマノハラ・オデリア・ピノさん(17)が5月30日、皇太子らと共にシンガポールを訪れた際にホテルから自力で脱出し、警察に保護を求め、母国インドネシアに帰国した。

 ピノさんは昨年8月にクランタン州皇太子と結婚したが、その後たびたび虐待を受けていた事実が母親によって暴露され、スキャンダル化していた。ピノさんは皇太子が病院で治療を受けるためシンガポールを訪れたのに同行し、滞在先のホテルでエレベーターの扉が開いた瞬間にボディーガードを振り切り脱出した。
《newsclip》

特集



新着PR情報