RSS

資金調達の勅令は合憲、タイ憲法裁

2009年6月3日(水) 14時25分(タイ時間)
【タイ】4000億バーツの資金調達のためアピシット内閣が発布した緊急勅令を、緊急性が乏しく違憲だとしてタクシン元首相派野党が訴えていた裁判で、タイ憲法裁判所は3日、景気対策の資金繰りで緊急性が高いとして、合憲とする判断を下した。

 タイの2009会計年度の7カ月間(2008年10月—2009年4月)の税収は前年同期比9・7%減、目標を12・6%下回る7191・6億バーツ。来年度も税収減が予想される一方、景気対策のため歳出は増加しており、国債発行や国内外での借り入れが不可避になっている。
《newsclip》


新着PR情報