RSS

マレーシア在住イラン人、母国の大統領選結果に抗議

2009年6月16日(火) 21時41分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシアの首都クアラルンプール郊外の国連施設で15日、同国に住むイラン人700人が母国の大統領選の結果に抗議する文書を国連職員に手渡した後、引き続き抗議行動を行い、治安部隊が催涙ガスで強制的に解散させた。スター(電子版)が伝えた。

 抗議者はイラン大統領選挙で現職のアフマディネジャド大統領が対立候補のムサビ氏を大差で破ったことについて、選挙に不正があったとの疑惑を唱え、国連に選挙結果を認めないことと、選挙結果に関する調査委員会の設置を求める文書を提出した。集まった群衆はイラン国歌を歌いながら、「独裁者に抗議しよう」「わたしの1票はどこに消えた」などと気勢を上げた。
《newsclip》

特集



新着PR情報