RSS

独自動車部品大手コンティネンタル、初のタイ工場が稼働

2009年6月17日(水) 07時53分(タイ時間)
【タイ】独自動車部品大手コンティネンタル・オートモーティブはタイ東部ラヨン県のアマタシティ工業団地にインジェクター、ポンプなどを製造する工場を建設し、16日に開所式を行った。同社がタイに製造拠点を設けるのは初めて。

 新工場は投資額約50億バーツ、敷地面積5ヘクタールで、年産能力はポンプ50万個、インジェクター250万個。6月中に中国、インド、欧州向けに製造を始め、将来的には生産量の7割をタイ国内向け、3割を輸出に充てる。
《newsclip》


新着PR情報