RSS

富士通ゼネラル、タイの中・大型エアコン用コンプレッサー工場が完成

2009年6月19日(金) 11時05分(タイ時間)
【タイ】富士通ゼネラルは19日、タイの100%出資子会社でエアコン用部品を製造するFGA(タイランド)の中・大型エアコン用コンプレッサー工場が完成したと発表した。富士通ゼネラルはタイでエアコン用コンプレッサーを全て外部から購入していたが、今後は自社エアコンに最適なコンプレッサーを開発、新工場で生産し、中・大型エアコンの競争力を高める。

 新工場は東部チョンブリ県レムチャバン工業団地にあるFGA(タイランド)の工場敷地内に建設した。投資額約30億円、当初の年産能力は40万台で、8月から稼働する。機械加工部品、シェル、モーターなど社内で加工する部品をすべて組み立てラインに直結するレイアウトとし、機種切り替えの段取り替えを最小限にとどめるよう配慮した。これにより生産工程での仕掛在庫を最小限にし、同工業団地内の中・大型エアコン工場である富士通ゼネラル(タイランド)との同期生産により、手番の短縮と在庫の圧縮を図る。

 富士通ゼネラルはこれまで、タイで中・大型パッケージエアコンとビル用マルチエアコンを生産して来た。今後はビル用マルチエアコンを中国子会社のFGCA(中国・無錫市)へ移管し、タイでは中・大型パッケージエアコンの製造に集中する。
《newsclip》


新着PR情報