RSS

アジアユース大会出場の比選手、新型インフル感染 シンガポール

2009年6月21日(日) 12時45分(タイ時間)
【シンガポール】2010年にシンガポールで開かれるユース五輪のプレ大会として、20日に開幕したアジアユース大会に出場するため、シンガポールを訪れたフィリピンの14歳の男子サッカー選手が新型インフルエンザに感染していることが判明した。ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。

 同選手は19日午後に発熱しているのが見つかり、検査の結果、新型インフルエンザと判明した。チーム全体と随行役員が隔離され、フィリピン代表の試合も延期が決まった。
《newsclip》

特集



新着PR情報