RSS

タイの新型インフル、感染者700人に

2009年6月21日(日) 21時32分(タイ時間)
【タイ】タイ保健省は21日、4月28日以降に国内で確認された新型インフルエンザ(H1N1型)の感染者が25都県の705人になったと発表した。ほとんどは軽症で、すでに回復し、現在入院中は16人。死者はでていない。

  都県別の感染者数はバンコク406人、ノンタブリ105人、パトゥムタニ67人、サムットプラカン39人、チョンブリ30人、ナコンパトム13人、ラチャ ブリ8人などで、バンコクとその近郊に集中している。感染者が見つかった教育機関は19日まででバンコクのチュラロンコン大学、タマサート大学、カセサー ト大学、アサンプション大学、アサンプション校、セントジョセフ・コンベント校、トリアムウドムスクサー校など79校。

 日本の厚生労働省は6月19日に発表した新型インフルエンザに関する新指針で、感染者への対応を、これまでの入院、服薬から、原則として自宅療養に変更した。
《newsclip》


新着PR情報