RSS

タイ上院、石油税引き上げを否決

2009年6月23日(火) 00時00分(タイ時間)
【タイ】タイ上院は22日、石油の特定消費税率の上限引き上げを定めた改正法案を賛成33、反対58で否決した。法案は下院で再可決され成立する見通し。一方、4000億バーツの資金調達のためアピシット内閣が発布した緊急勅令は賛成69、反対48、棄権11で可決された。

 政府は景気対策の財源として石油の税率引き上げが必要と主張したが、上院では物価が上昇し市民生活を直撃するとして反対論が強かった。タイ字紙マティチョンなどが報じた。

 現在の上院は76都県から1人ずつ選挙で選ばれた76人と、憲法裁長官ら裁判官、選挙委員長らからなる委員会が選任した74人の計150人。タクシン政権を追放した軍事政権により2007年に選挙、選任が行われたため、反タクシン派が多数とみられるが、今回の結果は同じ反タクシン派の民主党政権に盾突いた形だ。
《newsclip》


新着PR情報