RSS

農業収入が5月3割減 タイ中銀の経済指標

2009年6月30日(火) 15時40分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行がまとめた5月の月例経済報告(速報値)によると、タイの5月の農業収入は価格の大幅な低下と生産量の減少により、前年同月比29・4%減(同10%減)と大きく落ち込んだ。4—5月では20・1%減。タイは農業人口が依然多く、農業収入の減少が長引けば、政府の支持率に影響を与えそうだ。

 5月の工業生産指数(MPI)は前年同月比10%低下した。下げ幅は4月の9・7%から拡大。設備稼働率は60・3%で、4月の56・7%を上回った。MPIを業種別でみると、自動車が43・3%減(4月35・1%減)、鉄鋼が39・7%減(同36・2%減)と低迷する一方、電子が1・9%増(同4・7%減)とプラスに転じた。

 民間消費指数(PCI)は4・7%減(同5・3%減)、民間投資指数(PII)は16・5%減(同16・4%減)だった。

 貿易額は輸出が26・5%減の115・5億ドル、輸入が34・3%減の92・1億ドルで、経常収支は13・9億ドルの黒字。
《newsclip》


新着PR情報