RSS

ピーピー島の欧米人変死、死因つかめず

2009年7月3日(金) 13時51分(タイ時間)
【タイ】タイ南部クラビ県ピーピー島のゲストハウスで5月上旬、米国人とノルウェー人の女性が腹痛、おう吐などの症状を示し死亡した問題で、タイ当局は現在も正確な死因をつかめずにいる。警察病院での検死では薬物や毒物、ガス中毒などのこん跡はみつからず、暴行を受けた形跡もなかった。2人が宿泊していたゲストハウスでのガス漏れという見方も調査の結果、消えた。クラビ県の保健局は「本人も知らないアレルギーでショック症状を起こしたのではないか」と話しているが、確証はないという。
《newsclip》


新着PR情報