RSS

双日、マレーシア初のステンレス冷延工場に生産設備納入

2009年7月10日(金) 16時33分(タイ時間)
【マレーシア】双日は10日、マレーシア初のステンレス冷延工場向けの冷間圧延設備1基を受注したと発表した。双日が三菱日立製鉄機械と共同で機器納入と据付工事を行うターンキー契約。

 工場はスペインの大手ステンレスメーカー、アセリノックスと日新製鋼がマレーシアのジョホールバル地区で建設を進めている。年産能力24万トンで、2011年稼働を見込む。投資額は約300億円。将来的には年産100万トンのステンレス一貫製鉄所への拡張を視野に入れている。

 アセリノックスは年間の粗鋼生産が300万トンを超える世界2位のステンレスメーカーで、スペイン、米国、南アフリカに生産拠点がある。
《newsclip》

特集



新着PR情報