RSS

バンコク都立校、新型インフルで来週まで休校

2009年7月14日(火) 13時14分(タイ時間)
【タイ】バンコク都庁は14日、新型インフルエンザ(H1N1型)の感染拡大を受け、都立の小中高校435校、職業学校13校、託児所200カ所を15日から19日まで休校・休園すると発表した。休み期間中に校舎、施設の消毒を行う。

 一方、タイ保健省は同日、新型インフルエンザで新たに3人の死亡が確認され、死者が計24人になったと発表した。死亡したのはバンコク在住の67歳と57歳の女性、バンコク近郊サムットサコン県の32歳の女性。67歳の女性は末期の肺がん、57歳の女性は体重100キロ以上で糖尿病、高血圧などを患っていた。

 同省によると、タイ国内で4月28日から7月14日朝までに確認された新型インフルエンザの感染者は4057人。
《newsclip》


新着PR情報