RSS

幹回り10メートル超、タイ北部でマメ科の大木

2009年7月18日(土) 14時11分(タイ時間)
【タイ】タイ北部ウタラディット県ファークター郡の保護林で、マメ科の木、マカーモンの大木がみつかった。郡役場によると、高さ40メートル、幹回り10メートル以上で、樹齢は推定800—1000年。ウタラディットでこれまでにみつかった最も大きなマカーモンの木だという。 

 ハーブを探しに森に入った村人がみつけ、知らせを受けた郡役場の職員らが16日に現場を訪れ確認。17日には僧侶を招き、大木の無事息災を祈る儀式が行われ、役場や天然資源・環境省の係官、地元住民らが出席した。
《newsclip》


新着PR情報