RSS

クランタン州王子、夫人を名誉棄損で提訴 マレーシア

2009年7月20日(月) 23時07分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア・クランタン州の王子の妻、マノハラ・オデリア・ピノさん(17)が王子から性的暴行を受けたとして、王子のもとから逃れ、母国インドネシアの実家に身を寄せた問題で、トゥメンゴン・モハンマド・ファクリー王子(31)は20日、妻とその母に名誉を傷つけられたとして、1億500万リンギの損害賠償を求める訴えを起こした。国営ベルナマ通信などが伝えた。

 元モデルのマノハラさんは王子に同行してシンガポールを訪問した際に、すきを見て脱出し、インドネシアに帰国。記者団に対し、「結婚後は性的奴隷の扱いを受けた」などと語っていた。

 王子は訴状で、マノハラさん側が金銭的利益を目当てに虚偽事実を流布したなどと主張した。
《newsclip》


新着PR情報