RSS

ナイトクラブで飲酒、マレー系モデルにむち打ち刑

2009年7月22日(水) 16時06分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア・パハン州の宗教高裁は21日までに、ナイトクラブで飲酒したとして起訴されたマレー系の女性モデル(32)にむち打ち6回の判決を言い渡した。ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。

 裁判所は「むち打ちは被告に悔い改めさせると同時に、他のイスラム教徒に対する戒めだ」と述べた。被告には5000リンギの罰金も科された。
《newsclip》

特集



新着PR情報