RSS

タイの若者、月の携帯電話代500バーツ以下が半数

2009年7月23日(木) 19時26分(タイ時間)
【タイ】タイの私立バンコク大学がバンコクの若者を対象に行った携帯電話に関する調査によると、毎月の携帯電話代は「500バーツ以下」が55%で、「501—1000バーツ」35%、「1001—1500バーツ」8%、「1501バーツ以上」3%だった。

 使用している携帯電話の購入価格は「5000バーツ以下」30%、「5001—1万バーツ」43%、「1万1—2万バーツ」22%、「2万1バーツ以上」5%。

 使用している携帯電話のブランドは「ノキア」59%、「サムスン」12%、「ソニー・エリクソン」6%、「モトローラ」6%、「アイフォーン」4%だった。

 携帯電話を購入する際に重視した点は「機能」が49%で、「デザイン」27%、「価格」18%。

 使用しているサービス会社は「DTAC」38%、「トゥルー」37%、「AIS」23%、「ハッチ」2%。

 携帯電話の使用目的は「通話、メール」58%、「ラジオ、音楽を聞く」20%、「写真、ビデオ撮影」12%、「ゲーム」6%、「インターネット接続」5%だった。

 通話、メールを頻繁にする相手は「友人」が56%と最も多く、「交際相手」26%、「親」17%。

 調査は7月10—13日に実施、回答者は1701人。
《newsclip》


新着PR情報