RSS

タイで最も高いビル、イスラエル資本が開発

2009年7月27日(月) 20時03分(タイ時間)
【タイ】イスラエルの投資会社フィッシュマン・グループはタイの投資家と共同でバンコクで大規模な不動産開発を行う。プロジェクト名は「マハーナコン・スクエア」。バンコク高架電車(BTS)チョンノンシー駅前の1・4ヘクタールの土地に、タイで最も高い77階建てのビルを建設。米ホテル大手マリオット・インターナショナルが運営するアパート「リッツ・カールトン・レジデンス」(200室)、ブティックホテル「ザ・バンコク・エディション」(150室)、ショッピングセンターなどが入居する。地上310メートルの屋上には「スカイバー」が登場する予定だ。設計は北京の中国中央電視台本社ビルを手掛けたドイツ人建築家のオーレ・シェーレン氏が担当。投資額140億バーツ、2012年第4四半期完工を見込む。
《newsclip》


新着PR情報