RSS

「人がいいから」日本人狙い、10年で1000万バーツ 

2009年7月29日(水) 19時54分(タイ時間)
【タイ】日本人を狙って窃盗を繰り返していたタイ人のニューハーフが29日、バンコク都内で逮捕された。被害額は1000万バーツ(1バーツ=約2・8円)に上るもようだ。
 
 捕まったのはスラウェート容疑者(54)。調べによると、容疑者は日本人のタイ在住者、旅行者に声をかけ、「自分はマレーシア人(もしくはフィリピン人)の旅行者で、財布を無くし困っている。現金を貸してくれないか」と頼み、これに応じた日本人が現金自動預払機(ATM)で現金を引き出す際に暗証番号を盗み見し、後に被害者の財布を盗んで、ATMから現金を引き出していた。財布は共犯者が運転するタクシーに被害者と乗り込んだ際に盗んでいた。

 スラウェート容疑者は犯行を認め、過去10年で約1000万バーツを盗み、共犯者と山分けしたと供述。日本人を狙った理由については「人がいいから」と話しているという。タイ国営テレビ局チャンネル9などが報じた。

 タイでは今回の手口や、睡眠薬強盗、いかさま賭博といった「定番」の犯罪がある。在タイ日本大使館のホームページやガイドブックに手口が詳しく紹介されているが、被害に遭う日本人が後を絶たない。
《newsclip》


新着PR情報