RSS

ベトナム中部6省、3分の1に地雷・不発弾残留

2009年7月31日(金) 22時42分(タイ時間)
【ベトナム】国営ベトナム通信によると、ベトナム国防省と米国のベトナム戦争在郷軍人会はこのほど、ベトナム中部の3分の1の地域が地雷や不発弾の脅威にさらされた状態で残っているとする研究報告書をまとめた。

 それによると、ベトナム中部の北緯17度線をはさむ激戦地だったクアンチ、クアンビン、トゥアティエンフエ、クアンガイ、ゲアン、ハティンの各省では3分の1以上の地域で地雷や不発弾が残留した状態が続いており、1975年のベトナム戦争終結後に地雷や不発弾で死亡した人は4万2000人に上ると集計した。
《newsclip》

特集



新着PR情報