RSS

タイ、麻薬の大型摘発相次ぐ

2009年8月2日(日) 21時45分(タイ時間)
【タイ】タイ警察は1日、バンコク首都圏でパキスタン系とタイ北部・ミャンマー系の麻薬密輸組織を摘発し、パキスタン人4人とナイジェリア人2人、タイ人5人、ミャンマー人1人を逮捕、ヘロイン4・8キロと覚せい剤9万錠を押収したと発表した。押収した麻薬の末端価格は数億円に上る。

 調べによると、パキスタン人らは袋に入れたヘロインを飲み込み、旅行者としてタイに入国。タイ国内で体外に出し、各国の密輸業者に売りさばいていた。

 タイ北部系の組織はミャンマーの少数民族シャン族の武装グループと関係があるもよう。容疑者のシャン族の男はミャンマー製の覚せい剤をタイに密輸し、取引で得た金で武器を購入していたと供述している。

 一方、タイ北部メーホンソン県のミャンマー国境では1日、タイ国境警察のパトロール隊が武装グループと銃撃戦になり、武装グループ側の男1人を射殺、男が所持していた覚せい剤3万2000錠を押収した。

 バンコク郊外のスワンナプーム空港では7月30日、イラン人の男(25)が麻薬所持で逮捕された。男はテヘラン発のマハン航空便でスワンナプームに到着、菓子袋の中に隠した覚せい剤4・3キロをタイに持ち込もうとした。
《newsclip》


新着PR情報