RSS

着陸事故のサムイ空港、5日午後に運航再開

2009年8月5日(水) 13時37分(タイ時間)
【タイ】4日に着陸事故があったタイ南部のサムイ空港は5日午後3時、運航を再開した。同空港はタイの民間航空会社バンコクエアウェイズが開発・運営し、同社とタイ国際航空が乗り入れている。

 4日の事故ではタイ南部のマレー半島西側のビーチリゾート、クラビから半島東側のサムイ島に向かっていたバンコクエアPG266便(仏製ATR72型機)がサムイ空港に着陸し滑走中、滑走路を外れ旧管制塔に衝突し、機長のタイ人男性(55)が死亡、副操縦士のタイ人男性(35)と英国人、スイス人ら乗客数人が骨折するなど重傷を負った。事故機には乗客68人、乗員4人が搭乗していた。乗客はすべて外国人で、日本人はいなかったもよう。

 5日朝時点で入院中は副操縦士と乗客の計9人。
《newsclip》


新着PR情報