RSS

インドとASEAN、物品のFTAに調印

2009年8月13日(木) 23時15分(タイ時間)
【東南アジア】東南アジア諸国連合(ASEAN)とインドは13日、バンコクで開かれた経済閣僚会議で、物品の自由貿易協定(FTA)に調印した。2010年1月に発効し、2016年までに、相互に貿易品目(約5000品目)の80%について関税を順次撤廃、10%については関税率を5%に引き下げる。FTAのサービス、投資分野については今年12月の妥結を目指し交渉を進める。

 ASEANとインドの人口は計17億人。相互の貿易額は昨年、約470億ドルで、来年はFTAの発効で500億ドルに届くと予想される。インドにとってASEANは欧州連合(EU)、米国、中国に次ぐ貿易パートナーで、FTAの発効により、機械、部品、鉄鋼、小麦粉、化学繊維、化学品などの対ASEAN輸出が拡大すると期待している。ASEANは日本、中国、韓国などとFTAを締結済み。

 タイは2004年9月から、タイ・インドFTAの先行引き下げ(アーリーハーベスト)措置に基づきインドとの間で関税を一部撤廃・引き下げ、インドとの貿易額は2005年の輸出15・3億ドル、輸入12・8億ドルが、2008年には輸出33・5億ドル、輸入26・3億ドルに急増した。
《newsclip》


新着PR情報