RSS

タイ百貨店のロビンソン、4—6月3%減収

2009年8月16日(日) 07時33分(タイ時間)
【タイ】タイ流通大手セントラル・グループ傘下の百貨店、ロビンソン・デパートメントストアは4—6月期の売上高が前年同期比3・1%減の29・3億バーツ、最終利益が28・9%減の2・3億バーツだった。5月に東部チョンブリに出店し、店舗数は21店。

〈セントラル・グループ〉
中国・海南島出身のジラティワット(鄭)家が1947年にタイで創業。百貨店のセントラル、ロビンソン、スーパーのトップス、ホテルのセンタラ、ファストフード店などを展開し、2008年の連結売上高は1017億バーツだった。米経済誌フォーブスがまとめた2008年版の「タイの富豪40人」によると、ジラティワット家の推定資産はタイ4位の28億ドル。
《newsclip》


新着PR情報