RSS

バンコク近郊で教師が校長射殺

2009年8月17日(月) 22時13分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、17日夜、バンコク近郊のノンタブリ県の学校で発砲事件があり、校長のタイ人男性、ソムチャーイさん(51)がけん銃で胸などを4発撃たれ死亡した。警察は同校の音楽教師のタイ人男、ウォラポット容疑者(36)を殺人の疑いで指名手配し、行方を追っている。ウォラポット容疑者は5カ月前に出家式の最中にけん銃を発砲し起訴されていた。裁判に関しソムチャーイさんに助力を求めたものの断られ、逆恨みして射殺したとみられている。
《newsclip》


新着PR情報