RSS

タイの生保保険料収入、上半期16%増

2009年8月18日(火) 16時08分(タイ時間)
【タイ】タイの生命保険、全24社の上半期の保険料収入は合計で前年同期比15・5%増の1199・5億バーツだった。このうち初年度保険料は24%増の273・6億バーツ。タイ生命保険協会は銀行を通じた販売と電話マーケティングが好調の要因としている。

 保険料収入1位は米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)のタイ法人アメリカン・インターナショナル・アシュアランス(AIA)でシェア33・7%。2位は地場系のタイ・ライフ・インシュアランス(シェア13・7%)、3位はタイのカシコン銀行・ラムサム(伍)財閥とオランダの金融大手フォルティスの合弁のムアンタイ・ライフ・アシュアランス(同9%)、4位はタイのバンコク銀行・ソーポンパニット(陳)財閥系で日本生命、三井住友海上火災保険が出資するバンコク・ライフ・アシュアランス(同8%)、5位はタイ王室系サイアム・コマーシャル銀行と米生保ニューヨーク・ライフの合弁のサイアム・コマーシャル・ニューヨーク・ライフ・インシュアランス(同8%)だった。
《newsclip》


新着PR情報