RSS

バンコクの高級ホテル、上期稼働率50% 値下げは小幅

2009年8月19日(水) 11時48分(タイ時間)
【タイ】不動産仲介大手の米ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、バンコクのホテルの上半期の平均客室稼働率は5つ星クラスが前年同期比23・4ポイント低下の46・9%、4つ星が20・5ポイント低下の50・8%で、アジアの主要都市で最も落ち込みが激しかった。ただ、平均客室単価は5つ星が前年同期比9・8%減の5175バーツ(1バーツ=約2・8円)、4つ星が10・5%減の2729バーツと、値下げが小幅にとどまった。

 バンコクでは2009—2011年に3—5つ星のホテル客室7154室が新規供給され、客室総数が11%増加する見通し。JLLはこうした状況から、バンコクの4つ星、5つ星ホテルの稼働率が今後2、3年、50%台前半から60%台前半で推移すると予想している。
《newsclip》


新着PR情報