RSS

マレー人女性モデル、飲酒でむち打ち刑

2009年8月23日(日) 11時52分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア・パハン州内のホテルでビール3杯を飲み、イスラムの戒律に違反したとして起訴されたマレー人女性モデル(32)に対し、クアンタン宗教裁はこのほど、むち打ち6回、罰金5000リンギの判決を言い渡した。マレーシアで女性が飲酒によりむち打ち刑を受けるのは初めて。同モデルはスランゴール州内の女子刑務所で刑の執行を待っている。

 同モデルは「イスラム教徒に飲酒はいけないと教育するため、公開でのむち打ち刑を望む」と申し出たが、当局は公開での刑執行は認めない方針だ。
《newsclip》

特集



新着PR情報