RSS

マレーシア、4—6月期成長率マイナス3・9%

2009年8月26日(水) 19時05分(タイ時間)
【マレーシア】マレーシア中央銀行は26日、同国における4—6月期の国内総生産(GDP)成長率が前年同月比マイナス3・9%だったと発表した。1—3月期のマイナス6・2%から大幅に改善した。

 ゼティ中銀総裁は「景気後退のペースが鈍化したのは、公共投資と個人消費の伸びによるものだ」と指摘した。
《newsclip》


新着PR情報