RSS

バンコクの線路、東急建設などが400億円で受注

2009年9月2日(水) 02時44分(タイ時間)
【タイ】バンコク首都圏の電車新路線パープルライン(バンヤイ—バンスー)の建設工事の一部をタイのゼネコン(総合建設会社)大手チョーガンチャンと東急建設の共同事業体がタイ電車公社(MRTA)から受注した。バンスー—ラマ3世橋間の線路12キロで、受注額は142・9億バーツ(1バーツ=約2・8円)。

 パープルラインは全長23キロ、2014年開業の予定。建設予算は360億バーツで、日本政府が624億円の円借款を供与している。
《newsclip》


新着PR情報