RSS

タイの警察幹部はなぜ富豪?

2009年9月5日(土) 10時09分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察のパチャラワート長官とセーリーピスット前長官がそれぞれ「リゾート」を所有していることが明らかになった。さして高給取りとは言えないタイの警察幹部がなぜ億バーツ単位の資産を所有しているのか。

 与党民主党のワチャラ下院議員は4日、パチャラワート長官の娘2人がバンコク近郊のサムットプラカン県に敷地面積2ヘクタールのリゾートを所有しているとして、汚職防止撲滅委員会に資金の出所を捜査するよう求めた。このリゾートは建物に高価なチーク材を使い、資産価値は1億バーツ以上という。

 パチャラワート長官は今年9月で定年退官するが、反タクシン派幹部銃撃事件の捜査や後任の長官人事をめぐり、アピシット首相(民主党党首)と鋭く対立している。タイの幹部官僚の多くは資産家だが、金の出所を追及されることはまれで、今回の動きは首相サイドの揺さぶりという見方もある。

 一方、セーリーピスット前長官は自分が所有する西部カンジャナブリ県のリゾートが国有地を不法占拠している疑いで取り調べを受けている。このリゾートは敷地面積が16ヘクタールに上る。前長官は民主党派とみられ、連立政権の内紛のあおりを受けた可能性もありそうだ。
《newsclip》


新着PR情報