RSS

タイ入国管理局、バンコク郊外に移転

2009年9月10日(木) 15時20分(タイ時間)
【タイ】タイ入国管理局のビザ・外国人住居登録関係の部署がバンコク北郊ジェーンワタナ通りソイ7のタイ政府総合庁舎Bビル(Bangkok Government Center Building B)に移転する。ビザの延長、90日ごとの住所届出などは全て新事務所で取り扱う。
 
 新事務所での業務開始は入国管理局のプレスリリースによると10月からだが、ニュースクリップが同局に確認したところ、9月28日からという回答を得た。新事務所の電話番号は9月10日時点で不明。

 入国管理局の現在の事務所はバンコク中心部のサトン通り近くにある。新事務所はドンムアン空港に近い郊外で、在住外国人の事務手続きの手間が増しそうだ。 

 バンコク中心部からウィパワディランシット通りを北上してタイ政府総合庁舎を目指した場合、ラクシー交差点を左折してジェーンワタナ通りに入り、ジェーンワタナ通りを1キロほど行ったところで左手のジェーンワタナ・ソイ7通りに入る。Bビルはソイ7通りに入って向かって右側。ソイ7入口に標識はなく、CATテレコム社のビルが目印になるという。
《newsclip》


新着PR情報