RSS

プーケットのジェットスキー業者、外国人にライフル突きつける

2009年9月11日(金) 10時12分(タイ時間)
【タイ】タイ南部プーケット島で、ジェットスキーのレンタル業者が「貸したジェットスキーが壊れた」として外国人旅行者に修理代4万バーツを要求し、ライフル銃を突きつけていたことが明らかになった。一部始終を撮影したビデオがインターネット上に公開されたことから、タイ警察が10日、業者のタイ人男を逮捕した。

 プーケットではジェットスキーの「故障」で外国人旅行者が多額の「修理費」を要求されるトラブルが相次ぎ、在タイ・オーストラリア大使館などが県庁に苦情を申し入れていた。被害者は欧米人が多いが、日本人、中国人がトラブルに巻き込まれたケースも報告されている。

 プーケットやサムイ島などタイ南部はタイの観光産業の目玉として多額の外貨を稼いできたが、ビーチ目当てに押し寄せる外国人旅行者に依存し続けた結果、タイの他地域に比べ、宿泊費、移動費などが非常に割高となった。水質は悪化し、浜辺は大混雑で、走り回るジェットスキーで遊泳が危険というビーチも増えている。
《newsclip》


新着PR情報