RSS

タイ汚職防止委旧宅に手りゅう弾

2009年9月13日(日) 11時05分(タイ時間)
【タイ】11日未明、タイ汚職防止撲滅委員会(NACC)のウィチャー委員が以前住んでいたバンコク都内の住宅で手りゅう弾が爆発し、建物の一部が破損した。けが人はなかった。爆発があった住宅には今年7月から大学講師の家族が住んでいた。

 NACCは昨年10月にバンコクの国会議事堂を包囲した反タクシン元首相派団体「民主主義のための市民同盟(PAD)」のデモ隊数千人と警官隊が衝突し、デモ参加者2人が死亡、双方に数十人の負傷者が出た事件で、今月7日、当時首相だったソムチャーイ氏(元法務次官)と治安担当の副首相だったチャワリット氏(元首相、元陸軍司令官)、パチャラワート警察長官ら4人を権力乱用、職務怠慢などで起訴すると発表し、警察OBらが強く反発していた。
《newsclip》


新着PR情報