RSS

4機目のタイ王室専用機

2009年9月14日(月) 10時37分(タイ時間)
【タイ】タイ王室専用機として新たに購入された仏製ATR72—500型機が9日、バンコク郊外のドンムアン空港に到着した。2006年の軍事クーデターで発足したスラユット政権が総額36・5億バーツで購入した同型機4機のうちの1機で、整備、操縦はタイ空軍が行う。残り3機は1機が王室用の予備機、2機が要人用で、2010年末までに納機される。

 タイ王室専用機は2006年に配備されたボーイング737—800型機と1991年配備のエアバス310—300型機、エアバス319CJ型機の3機だったが、いずれも短距離で離着陸できないため、王族の移動に空軍のC130輸送機が使用されることが度々あったという。
《newsclip》


新着PR情報