RSS

日本人の死角? タイ料理のブルーエレファント

2009年9月16日(水) 12時03分(タイ時間)

 ベトナムに住んでいる友人夫婦がバンコクに来ました。夫はカナダ人、妻はベトナム人。何がいいかと聞いたら、洋風のタイ料理とのこと。で、欧州から逆上陸したタイ料理店「ブルーエレファント」(サトン通り)に久しぶりに行って来ました。

 あれやこれやで遅くなり、店に着いたのは午後9時ごろ。しかし、それでも満員で一度は断られました。結局1テーブルが空いて入れたのですが、流行ってますね… 店内は欧米人の家族連れ、カップルでいっぱいです。

 ソムタム(パパイヤサラダ)、ヤムマクア(ナスのサラダ)、ラープサーモン(サケの和え物)などなどを頼みました。何年かぶりだったのですが、意外にうまい! 同行したタイ人も「今時珍しい基本に忠実な味」と絶賛です。以前もこんなにおいしかったっけ?

 普通のタイ料理店ではお目にかかれないという古風な料理から創作料理まで、5人でおなかいっぱい食べ、ワインを1本頼んで5000バーツ弱。ワインはタイ料理に合わせてかなり研究しているようで、しかも安い。この店、案外使えるではないの、と再認識した次第でした。 (サンペイ)

ブルーエレファント
http://www.blueelephant.com/
《newsclip》

特集



新着PR情報