RSS

IT産業競争力、タイ49位に後退 EIU調査

2009年9月18日(金) 13時52分(タイ時間)
【アジア】英経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がソフトウェア業界団体ビジネス・ソフトウェア・アライアンス(BSA、本部ワシントンDC)の依頼でまとめた2009年版の情報技術(IT)産業競争力ランクで、タイは昨年の42位から49位(66カ国・地域中)に後退した。ビジネス環境の悪化とITインフラおよび人材の不足が主因。

 1位は昨年に続き米国。2位には昨年13位のフィンランドが躍進した。3—5位は順にスウェーデン(2008年4位)、カナダ(同6位)、オランダ(同10位)。

 アジアではシンガポールが9位(同9位)、日本12位(同12位)、台湾15位(同2位)、韓国16位(同8位)、中国39位(同50位)、マレーシア42位(同36位)、インド44位(同48位)、ベトナム56位(同61位)だった。
《newsclip》


新着PR情報