RSS

三菱化学とタイPTT、植物原料の生分解性樹脂事業化目指す

2009年9月28日(月) 18時45分(タイ時間)
【タイ】三菱ケミカルホールディングスは28日、微生物により分解される生分解性プラスチックの「GS Pla(ジーエスプラ)」とその原料となるバイオコハク酸の事業化調査について、タイ国営石油会社PTTと基本合意したと発表した。ジーエスプラは農業用ビニルや種苗ポットといった農業資材などで利用され、食品包装資材への利用も期待される。三菱化学は植物から製造したコハク酸によりジーエスプラを製造する考えで、バイオ関連事業に積極的なPTTと組み、事業化を目指す。
《newsclip》


新着PR情報