RSS

〈インタビュー〉Bandara Suites Silom

2009年9月29日(火) 13時24分(タイ時間)

Bandara Suites Silom ,Bangkok
General Manager Mr. Thanakit Kuerkosol

——日本人にもよく知られたChin Houseから改称していますが?

 Chin Houseのオーナーが、南部サムイ島とプーケットでBandaraブランドのリゾートホテルをチェーン展開するに当たり、それまでの「Chin House Luxurious Residence」から「Bandara Suites Silom ,Bangkok」としました。サムイ島はボープット地区で「Bandara Resort & Spa, Samui」を開館ずみ、プーケットは同島から南に下ったローン島で2010年末もしくは2011年初めに開館する予定です。名称を統一することで、知名度の向上を狙っています。

 Chin Houseは開館して25年、バンコクではすっかり知られたサービスアパートで、特に日本人の方々に多くご利用いただいてきました。17階建てと26階建ての2館で全243ユニットを数えますが、17階建ての方はChin Houseという名称をそのまま残しています。

 ちなみにBandaraは「バーン=窓」と「ダーラー=星」の意味で、サムイ島のリゾートホテルを開館する際、窓から見上げる星が美しかったことが名前の由来です。

——サービスアパートだけでなく、ホテル事業も始めたとのことですが?

 バンコク、サムイ島、プーケットの3カ所でBandaraブランドのリゾートホテルの展開を、というコンセプトによるものです。4つ星レベルのホテルとして26階建ての建物を改修しました。

 サービスアパート利用客はおのずと長期滞在が多く、部屋は広めです。今回、ホテル営業を開始するに当たり、短期滞在に適したコンパクトな部屋を増やしました。また、ビジネスでのホテル滞在というニーズに応えるため、室内のアメニティを充実させたほか、クリーニング(洗濯)はもちろん、シューシャイン(靴磨き)といったサービスも用意しています。

——サービスアパートとホテルの違いとは何でしょうか?

 経営的には、サービスアパートは宿泊料金以外で収益を上げるのがなかなか難しいのですが、宿泊自体が長いので客数は安定します。一方のホテルは、館内施設やサービスの利用で宿泊料金の収益が期待でいますが、短期滞在のため客室稼働率の確保が大変です。

 業務的には、サービスアパートはチェックインやチェックアウトが少なく、お客様と接する機会が少ないといえます。当館の場合、サービスアパートでは1日のチェックアウトが10部屋程度、ホテル業務を開始してからは30—40部屋に増えています。お客様と接する機会が増えることは良いことですが、スタッフが少ないと回していけなくなります。当館もスタッフを増員しています。

——宿泊客の状況は?

 国籍別で見た場合、日本人の方々が半数を占めます。今年通年の目標52%に対して、1—8月実績で55%と好評です。年2—3%のアップでご利用いただければと思っております。ほか、米国、スカンジナビア諸国をはじめとする欧州からの方々に多くご利用いただいております。

 滞在期間別では、長期7割・短期3割ですが、今後はその割合を逆転させていく計画です。シーロム通りとサトン通りの中間に延びるサラデン通りは、長期滞在はもちろん、旅行や出張といった短期滞在にも便利なロケーションです。

——バンコクのサービスアパート・ホテル市場について

 周知のとおり、昨年からの政情不安で外国人入国者が激減しています。特に昨年11—12月の空港封鎖は致命的で、後1年は影響を及ぼすと思います。特に5つ星クラスのホテルは苦戦しているようで、宿泊料金の20—30%値下げは珍しくありません。

 それでも7月以降、わずかながらも盛り返しています。特に9月は、日本人の方々の大型連休に伴う予約に恵まれました。当館にとどまらず、シーロム・サトン界隈の宿泊施設はタイトな状況だったようです。

——今年の目標は?

 売り上げでは、前年比10%増を見込んでいます。ただ売り上げ増加率と客室稼働率は比例せず、宿泊客の確保はそれ以上となります。物価上昇や経費の膨らみを宿泊料金に反映させることは難しく、いかにお客様に満足していただき、収益を上げていくかが課題です。

——ありがとうございました

DSCF0084-.jpg

DSCF0238-.jpg

住所:75/1 Saladaeng Rd., Silom Bangrak Bangkok 10500
電話:0-2266-0505 ファクス:0-2236-8206 Eメール:info@bandarabangkok.com
ウェブサイト:www.bandarabangkok.com, www.bandarahotelsresorts.com
《newsclip》


新着PR情報