RSS

タイ南部の脱線事故 駅素通り、減速せず

2009年10月6日(火) 19時26分(タイ時間)
【タイ】タイ南部トランからバンコクに向かっていたタイ国鉄(SRT)の列車が5日、バンコクの南約200キロのフアヒンで脱線・横転し、多数の死傷者が出た事故で、SRTのユタナー総裁は6日、居眠り運転が原因の可能性が高いという見方を明らかにした。調べによると、事故を起こした列車は1つ前の駅を停車せずに素通りした上、減速しないまま次の駅近くに進入し、脱線・横転した。運転士は事故後、現場から逃走した。
《newsclip》


新着PR情報