RSS

タイの主要6空港、9月の旅客18%増

2009年10月15日(木) 16時39分(タイ時間)
【タイ】タイ国営空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)が運営するタイの主要6空港の9月の旅客数は国際線、国内線を合わせ前年同月比18・1%増の411万人だった。1—9月累計は前年同期比10・1%減の3864・4万人。昨年9月は反タクシン派によるバンコクの首相府やプーケット空港の占拠が起き、旅客が減っていた。

 9月の国内線旅客数は南部のプーケット空港が前年同月比33・3%増の25・6万人、ハジャイ空港が42・1%増の12万人、北部のチェンマイ空港が25・5%増の21・5万人だった。

 国際線はプーケット空港が43・1%増の13・4万人、バンコクのスワンナプーム空港が9・7%増の232万人。スワンナプームの国際線旅客が前年比増になったのは今年初めて。
《newsclip》


新着PR情報