RSS

ドイツ保健相にベトナム系のロスラー氏就任

2009年10月26日(月) 19時45分(タイ時間)
【ベトナム】ドイツの保健相にこのほど、ベトナム・カインホア省出身のフィリップ・ロスラー氏が就任した。

 ベトナムの声放送によると、ロスラー氏は1973年生まれで、9歳の時にドイツ人家庭の養子となった。大学卒業後に自由民主党(FDP)に入党し、2000年には同党事務局長に就任。ニーダーザクセン州議を経て、メルケル内閣の改造で保健相への就任が決まった。ロスラー氏は同国で最年少の閣僚となり、アジア系ドイツ人の入閣は初めて。
《newsclip》

特集



新着PR情報