RSS

2010年のタイ企業賃上げ率見通し5・3% ワトソンワイアット調査

2009年10月27日(火) 10時01分(タイ時間)
【タイ】米コンサルティング大手ワトソンワイアットがタイ国内の企業を対象に8月に実施した調査で、回答した105社の2009年の平均実質賃上げ率は5・12%だった。業種別では消費財5・9%、医薬品6・95%、商業・貿易4・81%、金融・証券5・63%、保険3・44%、エネルギー・石油化学8%、通信4・93%、不動産開発3・93%、専門サービス6・2%、運輸・物流7%、製造4・68%(自動車5・21%、電子2・85%)。賃上げした企業は8割だった。

 2010年の平均実質賃上げ率見通しは平均5・34%で、業種別ではアグロ・食品6%、消費財5・44%、医薬品7・06%、商業・貿易4・87%、金融・証券5・63%、保険4%、エネルギー・石油化学5・5%、通信5・07%、不動産開発5・5%、専門サービス6・5%、製造4・88%(自動車5・54%、電子5・38%)。賃上げを予定している企業は76%だった。

 2008年に固定賞与を支払った企業は8割で、平均額は月給の2・19カ月分だった。業種別では消費財2・56カ月、医薬品2・11カ月、商業・貿易1・92カ月、金融・証券2・67カ月、保険1・71カ月、エネルギー・石油化学6カ月、通信1・72カ月、不動産開発1・78カ月、専門サービス1・65カ月、製造2・34カ月(自動車3・06カ月、電子2・37カ月)。

 2009年に固定賞与を支払う予定の企業は77%で、平均額は月給の2・11カ月分。業種別では消費財2・72カ月、医薬品1・92カ月、商業・貿易2・03カ月、金融・証券2カ月、保険1・88カ月、エネルギー・石油化学3カ月、通信2・63カ月、不動産開発2・5カ月、専門サービス1・8カ月、製造2・01カ月(自動車2・64カ月、電子1・36カ月)。
《newsclip》


新着PR情報