RSS

男女格差、タイは59位 WEF調査

2009年10月28日(水) 13時13分(タイ時間)
【タイ】スイスのシンクタンク、世界経済フォーラム(WEF)が政治、社会、経済面の男女格差を調べた2009年版の「男女格差報告」で、調査対象の134カ国・地域中、男女格差が最も少ないとされたのはアイスランドだった。2—4位はフィンランド、ノルウェー、スウェーデン。アジアではフィリピンの9位が最高だった。米国は31位、中国は60位、日本は75位、韓国は115位。最下位はイエメン。

 タイは59位で、2006年の40位、2007年、2008年の52位から順位を下げた。女性の男性に対する専門・技術職の割合、中等・高等教育の割合などが高かった一方、女性の国会議員や閣僚の割合が低かった。

 東南アジアの他の主要国はベトナム71位、シンガポール85位、インドネシア93位、マレーシア101位。
《newsclip》


新着PR情報