RSS

巨額横領容疑者、カナダからタイに身柄引き渡し

2009年10月30日(金) 14時38分(タイ時間)
【タイ】1996年に経営破たんしたタイの銀行、バンコク・バンク・オブ・コマース(BBC)から16億バーツを横領したとして、タイ当局がインド人投資家でBBC元顧問のラケシュ・サクセナ氏の身柄引き渡しをカナダ政府に求めていた裁判で、カナダ最高裁判所は29日、サクセナ氏の上告を棄却し、タイへの身柄引き渡しが決まった。サクセナ氏は30日夜、タイに到着する予定。サクセナ氏は1996年にカナダで逮捕され、身柄引き渡しを拒み、裁判で争っていた。

 BBCはタイ王室の流れを引く名門行だったが、オーナー一族の身内向け融資で1980年代に経営が悪化。再建に向け、80年代後半にサクセナ氏を顧問に迎え、武器、政治家がらみの不正取引や架空融資などにのめりこんだ。不正融資は合計800億—1000億バーツに上るとみられる。

 BBC事件で名前が浮上した政治家には現政権の有力者も含まれ、サクセナ氏の13年ぶりの帰国は大歓迎とはいかなさそうだ。タイ当局は「事情を知りすぎた」サクセナ氏が帰国後、暗殺される怖れがあるとみて、警備に力を入れる方針。
《newsclip》


新着PR情報