RSS

タイの国会議員、福利厚生でけん銃武装

2009年11月2日(月) 21時41分(タイ時間)
【タイ】タイ字紙タイポストによると、タイ内務省が希望する下院議員にけん銃の携行免許を交付して銃を販売することが決まり、これまでに100人以上の議員が購入を予約した。自衛のためけん銃所持が認められるべきとした下院の要望に内務省が応じた。「福利厚生」扱いのため、販売価格は市価の半値程度で、スミス&ウェッソンM686、グロックG36、シグ・ザウエル1911といったけん銃を4万—8万バーツで販売するという。

 タイでは無許可の銃が大量に出回り、銃を使った犯罪が多発している。国会議員クラスを標的とする暗殺事件は少ないが、市町村レベルでは毎週のように地元政治家を狙った発砲・爆破事件が起き、多数の死傷者が出ている。
《newsclip》


新着PR情報